心を満たしてくれる花

ガーデニングや花園の鑑賞に行くのが趣味という人は多いのではないでしょうか。四季折々の様々な形や色の花は少し疲れた日にも不思議と心を満たして癒しを与えてくれるので、自然と花を求めてしまいます。

そのような癒しをずっと味わうために花の造花はもちろんのこと、最近ではドライフラワーの発達版ブリザーブドフラワーなども流行っています。

皆さんはそのような中に食べられる花があるのをご存知でしたか?昔から刺身などに盛り合わせてある菊の花は有名ですが、今回はそのほかの食べられる花について紹介していきます。

それらの花は、エディブルフラワーと呼ばれています。もちろん、もともと有毒なアジサイ、キキョウ等は食べられませんし、農薬等が使用されている観賞用の花も食べられません。

ですが、その他の有名な花、チューリップや朝顔、ビオラ、ミニヒマワリなどが食べる花として育てられています。花にはビタミンやミネラルも豊富で気持ちだけでなく体も満たしてくれる存在なのです。

例えば、水の中に浮かべて凍らせて、きれいな花入りのさわやかドリンクなどは夏の時期のおもてなしにできます。シンプルなケーキの上に飾ってもとっても素敵です。それだけで食事の場が和みそうです。

ハイビスカスなどは、疲労回復物質が含まれているので、南国の香りを感じながら心も体も元気にできそうです。今回は食べられる花についてご紹介しましたが、生活の中に積極的に花を取り入れて毎日元気に美しくすごしていくことをおすすめします。

悟りの世界