ぶれない基準がある

スキルある方の特徴で上げられるのは、私は営業のプロ、いろいろなスキル持ってるなど自分が会社にとっていかに戦力になる人材化を説明してしまうことですが、これだけで採用されることはまずありません。

そしてスキルはその方を図る1つの物差しに過ぎなくて、必要ないといったことはないですが、あれば必ず転職できるといったことではありません。

確かにスキルはプラスαの評価材料になるでしょうが、それはあくまで採用するかどうか1つの物差しに過ぎないのです。

そして会社必要なのはいろいろなところで大事といわれてるコミュニケーション力であり、それは知ってると思ってる方もいるでしょうが、その本当の意味を知ってるでしょうか?

アマゾンは卸の会社かというスキル以前に業界の知識ない人採用した方は、話してるときしっかり相槌うって、反応して、話していて気持ちよく、スキル面では低いがコミュニケーション力は満点に近いので採用と語ってます。

そして、空いて気持ちよくさせるコミュニケーションですが、スキルではなくいかに相手を考え行動できるのかということです。コミュニケーションが苦手と思ってる方もちょっと意識変えて常日頃注意して生活してみれば自然に身に着けられるのです。

そして、転職しようと思ったら会社求める人材に自分が当てはまってるのかと考えることないでしょうか?

頭悩ませることも大事ですが、会社もとめる人事はとても流動的であり、同じ会社でも欲しい人材すぐ変化します。

そしてこの会社自分に合うのかと自問自答してる間にその基準変化するケースもあります。そして会社に新たな風入れたければ今まで雇ったことない方雇ったりして、さらに業種ことなればと採用される人材常に変化してきて多種多様です。

そして変化し続ける採用環境中ぶれない基準があって会社フィットできるかです。フィットというのはスキルではなく、その方自身どう意識のもと仕事取り組めるのかです。会社フィットしそうと思えるかたや、自分の過去の実績に加え新たにつく仕事に対しどういったアプローチ取るのか具体的に示してくれるみたいです。

採用側も実際働いてる姿想像できて活躍してくれるのかと期待もてる模様です。

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です