心を満たしてくれる花

ガーデニングや花園の鑑賞に行くのが趣味という人は多いのではないでしょうか。四季折々の様々な形や色の花は少し疲れた日にも不思議と心を満たして癒しを与えてくれるので、自然と花を求めてしまいます。

そのような癒しをずっと味わうために花の造花はもちろんのこと、最近ではドライフラワーの発達版ブリザーブドフラワーなども流行っています。

皆さんはそのような中に食べられる花があるのをご存知でしたか?昔から刺身などに盛り合わせてある菊の花は有名ですが、今回はそのほかの食べられる花について紹介していきます。

それらの花は、エディブルフラワーと呼ばれています。もちろん、もともと有毒なアジサイ、キキョウ等は食べられませんし、農薬等が使用されている観賞用の花も食べられません。

ですが、その他の有名な花、チューリップや朝顔、ビオラ、ミニヒマワリなどが食べる花として育てられています。花にはビタミンやミネラルも豊富で気持ちだけでなく体も満たしてくれる存在なのです。

例えば、水の中に浮かべて凍らせて、きれいな花入りのさわやかドリンクなどは夏の時期のおもてなしにできます。シンプルなケーキの上に飾ってもとっても素敵です。それだけで食事の場が和みそうです。

ハイビスカスなどは、疲労回復物質が含まれているので、南国の香りを感じながら心も体も元気にできそうです。今回は食べられる花についてご紹介しましたが、生活の中に積極的に花を取り入れて毎日元気に美しくすごしていくことをおすすめします。

悟りの世界

転職エージェントをつかってみて

転職を考えたのは、今から数年前の話です。
看護師をしていましたが、地方への転勤と同時に酷いいじめと、酷い待遇をうけ、トップに直訴しにいきましたかが、我慢しなさいと、はらいのけられてしまいました。

比較的県内でも大きな病院でしたので、守ってもらえないことに対するショックは強く、心がどんどん萎えました。

所詮、そのような扱いなら、もうここにいる意味はない、と思い始め、転職エージェントを利用しながら、来年度の退職を希望しました。

登録をすると、すぐに電話がかかって来て、あまりの早さにびっくりしたのを覚えています。正直なところ、転職エージェントの存在を知らず、調べるといくつもありました。

なんとなく目についた、良さそうなその会社としばらくお付き合いがありました。いじめにより傷ついていたのもあったのでしょう。

非常に親身に身の上話を聞いてくれて、私の能力を認め続けてくれた担当の方とは、いつしか仲良くなっていきました。いくつか仕事を紹介していただきました。一番待遇がよかったのは、入浴介助のお仕事でした。

看護師自体は、患者さんのは全身管理が主な仕事なので、前面に力仕事はありませんでした。

ただ在宅の方の入浴介助なので、設備を整えたり、自宅の環境を適切に移動したり、自分でアンテナを張りながら作業が短時間で、患者さんの負担がすくないように、自分なりにうごきました。

1日に何件もありましたので、その都度経過を記入し、次回につなげる記録をおこないました。転職エージェントは上手に利用すると、大変助かるとおもいます。先方の方との面接まで段取りをしてくれましたし、登録から、仕事開始まで複雑な手続きは一切ありませんでした。
気持ちが落ち込んでたのもあり、担当者の方の人柄もあり、いわれるままに、何回か、面接を受けたことがあります。もちろん断ることに対する柔軟性もありましたので、すごく仕事探しには役にたったとおもいます。

医師 転職 産業医

ぶれない基準がある

スキルある方の特徴で上げられるのは、私は営業のプロ、いろいろなスキル持ってるなど自分が会社にとっていかに戦力になる人材化を説明してしまうことですが、これだけで採用されることはまずありません。

そしてスキルはその方を図る1つの物差しに過ぎなくて、必要ないといったことはないですが、あれば必ず転職できるといったことではありません。

確かにスキルはプラスαの評価材料になるでしょうが、それはあくまで採用するかどうか1つの物差しに過ぎないのです。

そして会社必要なのはいろいろなところで大事といわれてるコミュニケーション力であり、それは知ってると思ってる方もいるでしょうが、その本当の意味を知ってるでしょうか?

アマゾンは卸の会社かというスキル以前に業界の知識ない人採用した方は、話してるときしっかり相槌うって、反応して、話していて気持ちよく、スキル面では低いがコミュニケーション力は満点に近いので採用と語ってます。

そして、空いて気持ちよくさせるコミュニケーションですが、スキルではなくいかに相手を考え行動できるのかということです。コミュニケーションが苦手と思ってる方もちょっと意識変えて常日頃注意して生活してみれば自然に身に着けられるのです。

そして、転職しようと思ったら会社求める人材に自分が当てはまってるのかと考えることないでしょうか?

頭悩ませることも大事ですが、会社もとめる人事はとても流動的であり、同じ会社でも欲しい人材すぐ変化します。

そしてこの会社自分に合うのかと自問自答してる間にその基準変化するケースもあります。そして会社に新たな風入れたければ今まで雇ったことない方雇ったりして、さらに業種ことなればと採用される人材常に変化してきて多種多様です。

そして変化し続ける採用環境中ぶれない基準があって会社フィットできるかです。フィットというのはスキルではなく、その方自身どう意識のもと仕事取り組めるのかです。会社フィットしそうと思えるかたや、自分の過去の実績に加え新たにつく仕事に対しどういったアプローチ取るのか具体的に示してくれるみたいです。

採用側も実際働いてる姿想像できて活躍してくれるのかと期待もてる模様です。

医師 転職